FC2ブログ

苦味調味料としてのコーヒー

カレーの隠し味にコーヒーを入れるなんて話を聞きますよね。

「コクがでる」とか「味が立体的になる」などの理由で、
味のバランスが崩れない程度の少量、
コーヒーをいれたりします。

人の味覚には甘味・塩味・酸味・苦味・うま味があります。
それぞれ、いろいろな調味料がありますが、
苦味をプラスする調味料はあまりみかけません。

大人になるにつれ、適度な苦味はおいしいと感じることがあります。

自分で淹れたコーヒーを苦味調味料として少し残しておいて、
カレーに限らず、いろいろな料理に少しだけ使ってみると、
違った味を感じることができるかもしれません。

入れ過ぎにはご注意ください。

スポンサーサイト



酸っぱくないコーヒー選びの基本の基本

酸っぱくないコーヒー選びで一番わかり易く、効果的な選択は、
「深煎りコーヒーを選ぶ」ことです。

焙煎度でいうと、フレンチローストと書いてあれば、
ほぼハズレはありません。

コーヒー豆から自分で淹れて飲みはじめの頃は、
銘柄にばかり目がいって、焙煎度を気にしないために、
イメージと違う豆を飲むはめによくなりました。

焙煎度がフレンチローストや深煎りと書いてあるものを
基準にしてコーヒー豆を探すことで、
自分好みの銘柄にあたる率が上がります。

最近は高級な豆を売りにしているお店では浅煎りの豆が多いので、
焙煎度を確認せず買うと、本人に合わないケースがままあります。

この確認をするだけで、失敗は格段に減ります。

プロフィール

ちょい深

Author:ちょい深
コーヒーを自家焙煎で楽しんでいます。酸味がどうしても苦手な方に向けておすすめの情報などお伝えしていきます。ちょっと深めに煎った豆をドリップで飲むのが日課です。ちなみに好きな銘柄はパプワニューギニアのシグリ農園の豆です。




コーヒー ブログランキングへ

RSSリンクの表示
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ
にほんブログ村